普段このブログではスペックについて書いていますが今回は自分の使用しているPCのHP Pavilion Desktop PC p6-2310jp/CTについて使用感など書いてみます。(数回に分けます)

まず導入の経緯から書きます。

現在メインで使用しているのはHPのデスクトップパソコンでカスタマイズモデルとなります。

購入したのは2013年1月でそれまでASUS U30Jcを使用していました。

ASUS U30Jcは購入してすぐにRAMを2GBから4GBへHDDをSSDに変更しOSもWindows 7 UltimaiteにしそれまでのFUJITSU FMV-BIBLO MG50Xからものすごく快適な環境となりました。

特に故障もなくでしたがスペック関連のブログとして別ブログでカスタマイズモデルについて書き始めたのとCPUはIntelの物は経験しましたがAMDの物はまだでデスクトップパソコンも以前に会社で使用したのと家にPC-98シリーズがあってちょっと使ったくらいだったので色々勉強にもなるかなと思い購入しました。

ちなみに導入を検討したころWindows 8が発売されて少し経ってレビューなど様々でASUS U30JcのOSの変更も考えましたが将来の故障など含めてメインをデスクトップパソコンにしてサブ機でU30Jcを利用しようと思いOSがWindows 8の物にしようと思いました。

予算は5万円+5000円までに設定し色々調べてみました。

当時AMDのデスクトップパソコン向けのAPU(CPU+GPU)はAMD Aシリーズがありました。

その中でもAMD A10-5800Kがありゲームも設定を落としすぎなくてもできるとレビューなど見て興味が湧きCPUはできればこれが良いなと思いました。

当時自分の調べた範囲では このCPUを選択できる構成はHPとマウスコンピューターにありそれぞれ価格など調べながら、またカスタマイズモデルだったため予算の範囲内でスペックを向上させようと何回かサイトで色々選択してみるシミュレーションをしました。

スタートはAMD A4でOfficeがないなどもあり価格は低いのですが色々選択していくと予算をオーバーしてしまいます。

予算を見ながら調整していきテレビチューナーをあきらめRAM容量はノートパソコンでも4GBだったので大丈夫と思い4GBでHDD容量も特にアップせずCPUはAMD A10-5800Kにしハード面では無線LANを選択してオプションでリカバリディスクとノートンも選択しました。

ちなみにこのブログで扱っているのは一部例外を除き店頭販売:カタログモデルとなりますが近いモデルとしてはHP Pavilion Desktop PC p6-2430jp H4H94AA-AAAAがあります。

プラットフォームがIntelでインターフェースなど若干違いがあり現状販売されているのはデザインなど変更されモデルチェンジしたHP Pavilion 500-010jp Desktop PC H6M04AA-AAAAになります。
(カスタマイズモデルでAMDの選択肢が現状無いようです:カスタマイズモデルは早いサイクルで変更されている気がします)

若干後で後悔した部分もありますが今回は導入の経過についてでした。

次回以降使用感などについて書きますが不定期での更新になります。

HP Pavilion Desktop PC p6-2310jp/CT